宮崎市花山手(在住)にある総合不動産事業会社です。

夢への近道、あなたのかけがえのない夢への道しるべ オフィス花山手 龍

受付時間9時から20時 電話0985695075

社長へダイレクト 電話09068960800

トップ  >  有機栽培アドバイザー

有機栽培アドバイザー

有機JAS法・無農薬栽培・有機栽培・オーガニック栽培等々について

まずは言葉の定義から・・・

無農薬栽培:栽培期間に農薬を使っていない栽培法(でもそれを証明する方法がない)。化学肥料は使っていますし栽培期間外には農薬を使っています。でも、こう言う表現を使っている場合には、農家は必ず農薬を使っているものなのです。だからややこしいし第三者機関の証明が必要なのですよ。

無化学肥料栽培農薬は使っているが、化学肥料を使っていないが、かといって有機肥料を使っているとも言えない。非常に誤魔化しのある表現。
・減化学肥料栽培:農薬は使っているが、化学肥料は慣行の50%未満の使用で50%以上は有機肥料でなければならない。

減農薬栽培:農薬を使う時期を決め量を必要最低限に減らしている栽培法。化学肥料は使っている

特別栽培減化学肥料栽培と減農薬栽培を合わせた栽培方法。どちらも慣行栽培の化学肥料、農薬は50%未満の使用とされている。

有機栽培:農薬は自然由来のもしか許可されていない(除虫菊等)。肥料は昔ながらの有機肥料しか使っていない。また、3年以上一切農薬を使わず有機肥料のみでの栽培実績がないとダメ。その他色々と決まり事や制限があります。

オーガニック栽培:上記有機栽培と同じ 

新JAS法(日本農林規格)による「有機農産物」の定義
新JAS(日本農林規格)法で、「有機農産物」と表示できるのは、遺伝子組み替え技術を使用せず、農薬と化学肥料を3年間使わない田畑で栽培されたものに限定され(3年間農産物を作っていると言う実績が必要)、生産者は認定機関の認定を受けなければならない。
新JAS法(日本農林規格)による「有機食品」の定義
「有機食品」と表示できるのは、原料である有機農産物の持つ特性が製造又は加工の過程において保持されることを旨とし、化学的に合成された食品添加物及び薬剤の使用を避けることを基本として製造された加工食品で、認定機関の認定を受けなければならない。

有機農産物と認定された農産物や食品には下記のようなマークを付けることができます。
有機JASマーク[有機JASマーク]

有機栽培の認定機関が調べる内容(例)
農薬使用の有無と土中の残留農薬
使っている有機肥料の中身(この基準に合致しないものは認められません)
地蜘蛛、ミミズ、等の一定面積当たりの数
周辺の畑の農薬の使用状況(使っている畑が存在していれば認定を受けられません)
取水上流地の畑の農薬使用状況(使っている畑が存在すれば認定を受けられません)

要は、農薬を3年以上使わずに農産物を栽培していると言う実績があり、かつ、その畑の周辺や取水上流地にも農薬使用の畑がなく、使う肥料も認定機関が認めるものでないと「有機栽培」として認められないし表記できないのです。

生産者の方にとっては非常に厳しい条件がつきますが、消費者の方にとってはその分安全ですし安心して食べることのできる農産物が出来るのです。反面、有機栽培で作った農産物は安く生産できないと言うデメリットもあります。何故なら、

一単位当たりの生産量を増やすことが出来ないと言う制限
有機栽培では農産物の生産量には限界があります(ケールの場合は1坪に4株しか育てられませんし育ちません)。農薬化学肥料栽培を行えば1坪に6株とか8株作れるので収穫量が増えるので、コストは下がりますが栄養価が落ちますし安全性に疑問が残ります。(有機栽培のケールと化学肥料で育ったケールを比べると、化学肥料で育ったケールの方が同じ重さなのに一回り大きいです。有機栽培の方が中身が濃く詰まっているのです。)
肥料代に費用が掛かる上、使う肥料にも制限があります。
何にもまして野菜を育てるのに手間と暇が「農薬化学肥料栽培」に比べて数倍かかるから:害虫駆除や鹿や猪の被害も防がなくてはなりません。虫や動物は安全で良い物を本能的に知っていますから。


一度家庭菜園でも良いので、キャベツや白菜、小松菜等を農薬を使わずに栽培してみて下さい。虫だらけで野菜にはならないはずです。だから、農薬を使わずに有機肥料だけで農産物を作るのは、手間隙とコストのかかることなのです。
その代わり、手間隙とコストをかければ安全と安心・農産物本来の栄養を余すことなく摂取できるようになります。

本当に良い物は安価には出来ませんし、有機栽培では大量生産して安価に提供できないのです。

戦後の農薬と化学肥料の大量使用による農法は、一単位あたりの生産量を増やしました。その分野菜の栄養価が低くなり、このことがサプリメントを販売する側の言い分にもなっています。と言うことは、有機栽培された野菜を摂取していればサプリメントは不要なもの。

プリンタ用画面
前
マンションリノベーションアドバイザー
カテゴリートップ
TOP
次
健康住宅アドバイザー
会員登録
会員登録メニューからお探しの物件条件と共に会員登録を行っていただくと・・・。
条件ヒット物件No1連絡
ご登録頂いた条件にマッチした物件が出ましたら未公開物件を含め会員様にいち早くご連絡。登録して待ってるだけでプロが選んだあなたの為の物件情報が届きます。
無料会員申込みフォーム
査定・買取
営業のご案内

宮崎県宮崎市花山手西1丁目10番地7

営業時間:
9:30〜18:00
定 休 日: 水曜日


クリックで詳細地図
[ホーム]  [物件情報検索]  [田舎暮らし情報]  [事業案内]  [会社案内]  [会員登録]  [リンク集]  [相互リンク募集] 
Copyright © 2008 Office Hanayamate Ryu All rights reserved.